ソーラーパネル 太陽光発電

今後の太陽光発電の重要性

今の時代『エコ』という言葉を頻繁に耳にすると思います。
一概にエコと言っても、何を指しているのか、
どこまでがエコなのか、何がエコなのかと思う人もいます。
一つあげるとすると、一番生活に欠かせない家と、
その家に明かりを灯す電気に着目してみます。
その二つに関係しているエコが住宅の屋根面に設置のできる、
太陽光発電です。
一番のメリットは電気を買うことがなくなり、
逆に電力会社に余分な電気を売ることができることです。
今後ますます電気を使う社会になっていくので、
自分の使用する電気は自分で発電していった方が、
電気料金の市場を気にすることもありません。
そしてなんといっても発電するのに地球に害をなすものを発生させません。
そこが一番のエコです。
今後ますますエコが注目されていく中で、
住宅の屋根に設置するだけで、
音も、振動も、廃棄物も出さないので、
身近に置ける大きなエコだと言えるでしょう。
みなさんが一線引いてしまう理由の一つとしてあげられるのは、
やはり設置料金でしょう。
しかし、設置料金が掛かると言っても
先ほども挙げた様に余分な電気を売ることが可能なので普段の生活の中で、
特別気にせず返済していけます。
地球環境にも経済的にも人々にも優しい太陽光発電を皆様の暮らす住宅の一部として
考えてみてはいかがでしょうか。



アパートに設置する太陽光発電システム

最近は太陽光パネルを設置している家屋が増えてきました。さらに、アパートの屋根にもパネルを設置して、太陽光発電システムを構築しているところが増えてきました。その一番のメリットは、一般住宅の屋根と比較すると、アパートの屋根はかなり広く、より多くのパネルを載せることができ、より多くの発電が期待できることです。集合住宅なら、屋根は広く長い面積が確保できますから、大量の太陽光パネルを搭載するには好条件なのです。その発電した電気の用途も様々です。大家さんの使用電力として、余った電気を売電する場合や、賃貸の住人の部屋へ供給して、余った電気を売電する、その両方を兼ね備えるシステム等、色々な流れが構築できます。また、入居率向上にもなります。先ず、話題の太陽光発電を行っている集合住宅、各部屋に電気の流れを確認できるモニターを取付すれば、個人のエコ意識も高まるという事で、大きなアピールポイントになります。さらに、発電した電気を各部屋へ供給する場合なら、光熱費が削減できるというのもアピールポイントとなります。 エコ意識の先駆者的な太陽光システムですが、今後も様々な形で高効率へと進化し、さらに浸透していくものと思います。

マンションに設置する太陽光発電システム

屋根に太陽電池を設置することで太陽の光で電気を作る太陽光発電は、発電時に二酸化炭素や排気ガスを出すことのない環境に優しいクリーンなエネルギーとして注目を集めています。個人の住宅に導入する例も年々増え、人々の関心の高さがうかがえます。設備の導入に際しては国や自治体から補助金が支出されるなど、太陽光の設備の普及促進のために様々な後押しもあり、導入する家庭が増えています。一般家庭用の導入も順調に進んでいますが、一般家庭よりも広いアパートやマンションの屋根の場合、さらに効率がよく、大容量の発電が可能になります。   高い年間利回りで屋根に投資することができる、大変に反響の大きな導入システムです。まず第一のメリットとして電力買取制度によって毎月の売電収入が期待でき、家賃収入が大幅にアップします。そして広い屋根を活かした高い利回りによって、短期間で導入コストを回収することも可能で、一般家庭よりも効率の良い還元率が大きな魅力です。地震国日本にあってはいつ何時災害などによってライフラインが寸断される事が起こっても不思議はありません。災害時にも専用のコンセントへつなぐことにより太陽光からの電気を使用することができ、強力な防災対策としての役割もあり、停電時にも入居者が安心です。建物の屋根や屋上、空き地などのスペースを有効活用できるのが大きなメリットです。マンションなどの新築の際にも検討してみる価値は大いにあります。   しかしながら北海道、東北地方の日本海側及び山沿いの暖房負荷の大きい地域では、太陽光による発電電力で暖房用電力料金のすべてを賄うことは不可能と言われていますが、それでも少しでも電力負担を減らすべく太陽光発電システムの導入を検討されている方は多いのではないでしょうか?特にこれらの料金を節約できるとなると、そのような物件に入居したいお客さんは増えることでしょう。東北は雪深い冬がある気候ですので、当然ながらその機構を熟知した地元の業者さんを使うことが賢明です。東北地方というやや適さない条件であっても価値ある太陽光発電を提供している会社さんがあるので、HPを紹介します「東日本ソラナ」さんという会社のHPです。こちらは規模も大きく岩手と青森でお仕事を頼めます。対応地域であれば、こちらの業者さんに一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。 岩手・青森の太陽光発電なら東日本ソラナ 株式会社東日本ソラナ 〒020-0133 岩手県盛岡市青山4丁目10-11 TEL 019-645-2639 FAX 019-645-2659


  • 太陽光発電のリスクヘッジ

  • 太陽光発電の販売会社とのトラブルを予防するコツは、まずは、どのようなシステムを導入して、どのような特性のあるシステムなのかを理解しておくことです。できれば工事契約を締結する前に、どのような特性のあるシステムかを販売会社の営業担当者に説明してもらっておきましょう。説明を聞いただけでは理解しきれない部分もあると思いますが、何度でも同じ質問をしても構いません。もしも同一内容の質問を繰り返す行為を迷惑に感じるような営業担当者の場合は、工事契約を締結しないほうが良いと言えます。つまり、マイホーム所有者側が何度も同一内容の質問を繰り返したとしても根気良く説明をしてくれるような営業担当者であれば、トラブルには、なりにくいのです。営業担当者と工事施工業者は別、という場合が多いものの、しっかりとした説明努力を心がけている営業担当者であれば、工事施工業者との仲介役にもなってくれますので、安心して工事等を一任できますし、工事施工業者との連携も円滑に行えると言えるのです。どのような特性のあるシステムなのかの説明を受けるときは、必ず太陽光発電の長所と短所の両方を説明してもらうことがポイントです。長所か短所かの、どちらかしか説明しない時は要注意です。

  • 太陽光発電事業者選び

  • 2012年7月からスタートした国の「再生可能エネルギー全量買取制度」により、自然由来のエネルギー発電が盛り上がっています。
    特に太陽光発電においては、家庭単位の小規模な発電でも導入可能であり、2012年度の買取価格が予想を上回る1kwあたり42円であったことから、爆発的に普及が進んでいます。
    2013年度は1kwあたり38円(発電規模が10kw未満の場合)となりましたが、昨年度1年間でも太陽光パネルの価格下落が進み、初期コストが低下していることから、今後も太陽光発電の普及がさらに進むことが予想されます。

    そのため、こうした施設を設置する事業への参入業者も劇的に増えています。
    しかし、一部の業者には設置工事や施工に不備があるケースも出ており、業者選びが課題となってきています。

    業者選びにおける注意点としては、
    ①施工実績があるか
    ②製品メーカーの正規資格を保有しており、施工保険に加入しているか
    ③安さだけを売りにするのではなく、しっかり現地を確認のうえで見積もり書を作成してくれるか
    ④設計図面をきちんと作成してくれるか
    ⑤設置後のトラブルやメンテナンスの対応について説明してくれるか

    などがあります。
    上記のポイントを参考に、その業者の実際の施工現場を見せてもらうなど、実績や実態をしっかりと見極めたうえで業者決定を行ってください。

  • バイオマスとは

  • 自然エネルギーの中で、一般家庭に比較的導入しやすいものの代表はもちろん太陽光発電ですが、それ以外にも色々とあるものです。その一つがバイオマスです。

    バイオマスとは、生物そのものや生物が排出したもののことで、一種の化学エネルギー源です。例えば、家畜の糞は発酵させるなどすればメタンガスを取り出すことができますし、薪や木炭などは歴史のあるバイオマスエネルギー源です。

    薪や木炭などは一般家庭では使いにくいので、それを別の形態の化学エネルギーや電気エネルギーに変換して使うことが一般的です。先に挙げましたメタンガスもそうですが、バイオマスを燃料とした火力発電では、電気エネルギーとして広く利用することができるようになります。

    それから、バイオマスにはどこの家庭でも簡単にエネルギー源が生産できる利点があります。例えば、ジャガイモがそれです。家庭菜園があれば大量に生産できますし、そうでない場合でも、ベランダにペットボトルの切ったものを並べるだけで、誰でも簡単に栽培できます。そのまま火力発電の燃料として使うこともできますが、発酵させればアルコールが生成されますので、自動車などを走らせることにも使えます。

    このように、用途が広いことがバイオマスの特長でもあります。電気エネルギーを充足させるだけで我が国のエネルギー問題は解決しない訳ですから、バイオマスの重要性が如何に高いかが理解できるでしょう。



↑ページトップへ戻る